スポーツウエアのことならデサントにお任せあれ

洋服

糸の選択が大切

糸

使い方

余った布などを縫い合わせて大きな布を作る手芸をパッチワークといいます。ベッドカバーやクッション、ひざ掛けや衣類など様々な利用方法ができたり、端切れや使い古しの布を使って再生する方法としても応用されます。そんなパッチワークを行うときには、パッチワーク糸という糸を使うことがオススメです。パッチワーク糸には、様々なものがありキルティング用の糸やミシン糸などが挙げられます。具体的なパッチワーク糸としては、まずピーシングやアップリケ用のものがあります。これらの糸は細くしなやかなものが向いており、ポリエステル製のものが主流です。一方、キルティング用のものは、太めの滑りのよい糸がオススメになります。特にロウ引き加工された糸はハリがあって針通りが良く丈夫な特徴があります。ただし、しなやかなものが好みの場合にはピーシングの糸を使うこともよいとされています。素材はポリエステル製のものだけではなく、ポリエステルとコットンの混紡糸、コットン100%のものなどがあるため、好みによって選ぶことが可能です。しつけ糸は布なじみのよいものを選んでいきます。手縫い用の糸をミシンで使ってしまうと切れてしまうものもあるため注意が必要です。パッチワーク糸を選ぶことによって、針通りを変えることができるというメリットがあります。また、糸の素材を生成りにすることで明るい色から中間色まで幅広く使うことができるようになります。布や用途に合わせて選んでいくことが大切です。